離婚原因

離婚原因は色々とあると思いますが離婚原因で一番多いと言われているのが、性格の不一致です。やはり性格が合わないことが離婚原因の第1位になっています。日本で今離婚をしている人の多くが性格の不一致を理由にして離婚しているということがわかるのですが、次に離婚原因として多いのが、異性関係です。夫の浮気などが原因で、離婚をするというケースが圧倒的に多いのが原因です。男性女性によっても離婚原因というのは違いがありますが、女性で男性よりも多い離婚原因というのが、夫の暴力や生活費を渡さないことにあるといわれています。現在恋愛結婚をしている人が9割と言われている日本ですが、そんな中で離婚原因が性格の不一致であることや、暴力というのは少し考えがたいことかもしれませんが、恋愛結婚をしていても、性格がいざ結婚してみると合わなかったり暴力をふるうと知らなかったというケースは多いみたいですね。性格のことも分かった上で結婚しているのに、それが離婚原因になっているということです。 ドメスティックバイオレンスが原因で離婚をする女性も今とても増えていますから、恋愛結婚であっても、結婚して一緒に住み始めると、相手が実際には違っていたとか、豹変するというケースが多いことがわかります。 離婚原因は人それぞれですが、家事を手伝わないとか、子育てを手伝わないということもあるといわれています。離婚原因によっては裁判にまで発展することもあるのです。
posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33477369
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック