サクラ34

ちょっと昔のサクラの話。

一応私の働いて居た会社では、
サクラと言う事を口外してはいけない。と言う事は
もちろんの事、『出来るだけ』会う約束もしてはいけない。
と言う決まりがありました。
約束をしても、100%その約束は実現出来ないので
会社側の信頼がなくなってしまうからだと思います。
サクラがいっぱいいる。なんて思われたら
苦情だらけの挙句に「退会」コレじゃサクラが居る意味すら
なくなってしまいますから・・・。


でも、正直会う約束なしにメールなんて続かないんですよね。
会うと言う話になると自然とメールの数も増えます。
会うと言う話にならなければ男性は「サクラでは?」
と言う疑問を抱く事になるし・・・。
そこで上の人と相談した結果がコチラです。


『すっぽかす事だけはしない。約束を取り付けても
理由を付けて断る。』と言う事でした。

って事で今のサクラのスタイルと同じく、
会う約束を取り付け、キャンセルをする方法を取るように
なりました。それでも、やっぱりドタキャン・・・男性からしたら
不安要素はたっぷり残りました。
サクラ仲間と話し合った結果、こちらから誘うパターンを
取り入れてみたんです。
もちろん日付の指定は1週間〜2週間先延ばしにして・・・

『来週の金曜日、仕事が早く終わるので
何処かお食事でも行きませんか?』
こんなメールを送っていました。
すると、思うツボ!来週の金曜日またはその前日までの
メールが約束されちゃうんです。
その日までは、男性も浮かれてアドレス交換しなくとも
メールを続ける人が多かったです。
後は前日に、『急に仕事が入ってしまって・・・』と
いう感じで送れば会社の規定にも違反せずメール回数のみを
増やすことが出来ました。

少し昔は、今では一般的なこのサクラの手口も
男性が沢山引っかかったんですよね・・・。
今でもこの手口は存在するので、気をつけてほしいと思います。

と言う事で、私がサクラをやっていた約3年前?位の
サクラの情報でした★ひさびさに昔の事を思い出して
懐かしくなりました・・・。サクラの仕事は、いまや反対派ですが
いい人たちばかりで本当すごしやすい会社でした♪

posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛