モテるメールの送り方

メールの送り方次第でモテる人になれるか、なれないかは決まってきます。

モテるメールの送り方というのはどのようなメールの送り方なのか紹介していきたいと感じます。

まずは、メールに挨拶を入れますね。

突然本題に入るのではなくて、挨拶を入れるのは当然のことです。

夜遅かったら遅い時間にメールしてごめんと入れておくとか、朝早くにごめん、といったように詫びを入れながらメールに挨拶を入れます。

そして次は本文であるのですが、雑に本題だけを入れるというのもあまりよくありませんが、ながながとメールを書くというのもよくありません。

用件だけを丁寧な言葉でわかりやすく入れるのがいちばんベストであるのです。

用事がなくてメールをした時には、相手がすぐに返信しなくてもいいように、最後に「また時間があったら遊んでね」とか「また時間があったら連絡してね」と、すぐに連絡しなくてもいいような文章を入れて気遣いをするといことも大切なことであるのです。

遊んだりデートをする約束の前の日には、予定に確認も兼ねて「楽しみにしているのです」とメールを送ってみたり、遊んだ日の夜には「楽しかった」という内容のメールを送ってみるといいと感じます。

相手のことを考えて気遣いのあるメールがモテるメールであるのです。
posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛