サクラ21

サクラの実態。

在宅のサクラでアルバイトしていたと言う
チエさんにお話を聞いてきました。


チエさんは、1児のママ。そしてシングルマザー。
保育園に預けて働くも、やっぱりお金が欲しいとの事で
パート以外の空いてる時間に出来る在宅ワークを
PCで探している時にサクラの求人を見つけたと言う。
正確には、『データ入力』のバイトだったそうだが
見かけだけで、実際はサクラのバイトだったと言う事だった。

家のパソコンで管理画面にログインすると、
自分の管理しているキャラクター、そしてそのキャラクターに
メールをくれた男性会員のメールがツリー化して表示される。
100人位を一人で操っていたと言うチエさんは、
まずメールの返信を全員分する。その後に新しいキャラクター
を作って、投稿をする。その後またメールチェックすると
返って来ているメールがまた30通はあったと言う。

書き込む内容は、官能小説サイトやエロサイト、AVの
タイトルなんかを参考にしてたと言う。
普通のOLなんかよりやっぱりエロ系の方が返信率が
高かったらしい。


また、サクラの管理画面には男性が利用した最終履歴。
残りのポイント数まで見れたという。
ポイントの残り少ない人に『会いたい』と匂わせるような
メールを送ると、ポイントを買い足してメールを続ける人も
結構居たと言う。

バイト代は、歩合制。
1通あたり20円。バイトのイベントなどで30円に値上がり
するような日もあったと言う。パートや子育ての合間の時間での
お仕事で、半月に10万は貰えてたと言うから驚きだ。

サクラでバイトする人が後を立たないのも納得出来る。


更に突っ込んで聞いてみると、写メールについても
サクラの罠が潜んでいる事が分かった。
どうやら、写メールについても運営側が用意してくれたファイル
のようなモノがあって、それを自由に添付出来るシステムに
なっているそうだ。例えばOL系、人妻系などと分類されていて
自分のキャラクターに合った写メールを数百枚の女の子の写真から
選ぶことが出来たそうだ。
数百枚もあれば、被る事も少なそうだ。

今回は在宅のメールレディーのチエさんにインタビューしたが、
在宅と通勤型ではちょっと違ってくるらしい。
近々、通勤型のメールレディーについてもインタビューを
載せようと思っている。


posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛