離婚の慰謝料の相場

慰謝料というのはそもそも、相手に苦痛を与えたとか、離婚をするにあたって相手に迷惑をかけたという場合に請求されるケースが多く、必ずしも離婚をする際に慰謝料があるわけでもありませんし、慰謝料を請求しなくても離婚をしている夫婦はたくさんいます。精神的や肉体的に苦痛を受けたという人は、その代償をお金で払わないといけないということになりますね。慰謝料を離婚の際に支払う側にとっても、慰謝料を請求する側にとっても、離婚の慰謝料というのは知っておいた方がいいと思います。 離婚の慰謝料はどれくらいもらうことができるのでしょうか。それは離婚の原因によっても色々で、慰謝料はとても相場をいうのが難しいです。例えば、浮気をした場合に不法行為を働いてしまったことが原因ということになれば、浮気なら100万円とか、暴力をふるって精神的にも肉体的にも苦痛を与えたなら200万円といったように色々と金額が決められていきます。もちろん性格の不一致で離婚をするのに慰謝料を請求することはほとんどありません。 離婚の慰謝料というのは、どうやって決められているのか、それは、離婚をする原因や離婚に至るまでの経緯などを考慮した上で、離婚の慰謝料は決められています。ですから相場というのは簡単に言えるものでもなくその人の感じ方、その人が受けてきた苦痛に対して離婚の慰謝料は支払われるのです。結婚していた時期がどれくらいであったかによっても離婚の慰謝料の相場は違ってきます。
posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚