国際離婚

国際結婚をしている人も多いですが、国際結婚をした夫婦が離婚をするということになると、かなり大変です。国際離婚の問題というのは、日本と相手の国の法律が違っていること、手続きがかなり複雑化していること、そして子供が国から出国できるかどうかなどが問題になってきます。日本以外の国で結婚をして国際離婚をして、そして自分は今すぐにでも日本に帰りたいと思っていても、親権は自分は自分が持っているのに、国際離婚では日本に子供を連れ帰ることが出来ないケースもあります。子どもを国外へ連れ出すことが問題視されていて、かなり厳しい問題となっています。国際離婚では、夫婦の今の住所で同居しているか、別居しているか、子供がいるのかによっても色々と手続きが違ってきます。日本ではふつうに協議離婚出来ることが海外では通用しないこともありますし、日本では裁判で離婚となっても、相手の国の判決では離婚にならないケースもあったりして、国際離婚というのはとても複雑なのです。 日本で離婚をした場合には、親権が取れなかった親が、子供を連れ去って自分の国に帰ることは、誘拐扱いになっています。海外でも同じく日本人が親権を持っていても日本に連れて帰ることは、子供の奪取ということになって大きな問題になっているのです。日本以外で離婚した場合に子供と一緒に帰りたくても帰れない法律もあるので、かなり難しいでしょう。子どものパスポートを管理している親がパスポートを渡さないことあり、国際離婚はかなり複雑です。
posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚