離婚回避

離婚回避というのは、離婚をしないようにするためのことを言います。例えばお子さんがいて離婚回避をするしかない人なども多いと思います。離婚回避というのは法的な意味の離婚回避もありますし、法的な意味を持たない離婚回避もあります。離婚回避というのは、出来れば、夫婦の修復が出来ればいいのですが、なかなか難しいケースが多いのが現状です。離婚回避するための方法として、勝手に離婚届けを出してしまわれないようにするためには、離婚届け不受理申出書を提出しておきましょう。半年間は、離婚届けは出されても受理されませんから、離婚回避につながります。半年後にまた再提出すれば、それでまた受理されません。 もしも勝手に離婚届けを出された場合には、家庭裁判所に離婚が無効である確認を求める調停が申し立てられます。調停で不成立ということになれば、訴訟を起こして離婚回避をすることになります。 離婚回避をしたいと思っている人の中には、本当は嫌だけど子供のためを思って離婚回避を考えている人も多いと思います。例えば夫が浮気をしているのですが、離婚回避をしなければいけない場合など、法的には、離婚回避の方法として、浮気をしている人からの離婚というのは、法的には認められないことになっていますので、夫から言われたとしても離婚を不成立にすることは可能です。 離婚回避のためにも、色々と情報収集をして、夫に対しては感情的にならず、そして浮気相手と別れさせることが、離婚回避にもつながります。
posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚