離婚の協議

離婚の中には色々な種類があるのですが、協議離婚という離婚もあります。協議離婚というのは、夫婦お互いが離婚に対して合意して、離婚届けに必要事項を書いて、署名と捺印をして、市町村の役場に持って行って、受理されれば協議離婚が成り立つということになります。 現在日本で、離婚をした夫婦の9割は協議離婚で、簡単に手続きを済ませて離婚していると言われています。協議離婚は夫婦の間だけで話し合いができて、子供の親権などについてもお互いの意見が合意して、もめずに離婚出来たということになります。離婚届けには離婚をする理由などは書かなくてもいいので、協議離婚をする場合には、離婚の理由を答える必要はありません。離婚届けというのは、離婚をする意思があるときに提出しなければいけないことになっていて、昔離婚をしたいと言い出しても、離婚届けを出そうと思ったときに、離婚の意思がもうないという場合には、離婚は成立しないことになっているので注意しましょう。離婚をスムーズに進めたいと思っている人は、協議離婚が一番シンプルで手続きも少ないですからお勧めです。 中には調停を起こして、そして調停でも不成立になって、裁判をして離婚をするという人も中にはいるのですが、やはり裁判にまで行くと、醜い争いで、離婚がドロドロになりますから、お互いの気持ちが合意して、協議離婚ができるということが一番ではないでしょうか。協議離婚をするということは、それなりに離婚には違いがありませんが、一番無難な離婚です。
posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚