離婚調停

離婚調停というのは、夫婦のうちのどちらかが、離婚をしないと言っている場合、離婚に同意しても慰謝料の問題があったり、財産分与の問題でもめたりした場合などに、離婚がなかなか決まらないときに、家庭裁判所で離婚調停を申し立てて実施することになります。これは離婚調停と言われたり調停離婚と言われているのですが、離婚そのものを反対しているというケースだけでなく、離婚にかかわるお金のトラブルやお子さんの親権のトラブルなどに関しても、離婚調停で話し合いをするということになります。話し合いをして解決して、そして家庭裁判所で決着がつきます。しかし裁判をして離婚をするというわけではありませんから、あまり強制力というのは強くありません。 夫婦の間で話し合いをして離婚に関して丸く収まるのであればいいのですが、夫婦の話し合いでも決着がつかない場合に、誰か間に入ってもらうことになります。すぐに裁判をしてもらうことが出来ればいいのですが、すぐに裁判をしてもらうことが出来ないことの方が多いですから、その場合に、調停離婚という形になるのです。訴訟を起こしてすぐに裁判で解決して離婚という流れではなくて、まず最初の段階として、調停で解決できるようにするために、調停離婚が行われるという流れです。離婚調停でも争いを繰り広げている夫婦というのは大勢いて、お子さんにとってはそれが辛い場合もありますから、できるだけ双方の言い分を聞いて、スムーズに話し合いがまとまるといいでしょう。
posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚