離婚届

離婚をするという場合には、離婚届けを提出しなければいけません。離婚届けを出す際には必ず誰でも離婚届けが受理されるというわけでもなく、法律で決まっている条件をクリアしていないと離婚届けを出しても受理されません。 離婚届は、法的なことで、法律で決められている条件をクリアして、離婚届けを書いて、必要な他の書類を持って、役所へ持っていくことで受理されます。離婚届けは各都道府県などの役所の窓口に行けばもらえますが、婚姻届のように、その辺に置いてあるということはないので、窓口に行ってもらわなければもらえません。離婚届けの欄には、子供の親権者を書く場所や、離婚をしてから旧姓に戻るのかどうかなども記入するところがあります。離婚届けは、本人と、そして成人の証人の二人の署名と捺印が必要です。もしも代筆するという場合には、離婚をする本人の意思があれば、離婚届けの代筆も可能なのですが、本人が望んでいない場合には、トラブルにもつながりますので、自分で書くようにしましょう。 離婚届が書ければ、提出する場所は、婚姻していた本籍地や今の住んでいる役所、別居をしているというケースの場合には、夫婦どちらかの住民票がある役所ということになります。もしも本籍地以外のところで離婚届けを出すという場合には、戸籍謄本が要りますから、離婚届けをすぐに受理してもらえるようにするためにも必要な書類などは必ず用意しておくようにして、スムーズに、離婚届けが受理されるようにしましょう。
posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚