離婚と借金

離婚の原因は夫婦によっていろいろですが借金やお金の問題が離婚の原因になっているということも十分に考えられます。


夫が働かないとか働けない、ギャンブルに走る、浪費家である、借金があるといったお金に関わる問題は離婚の原因になりやすいといわれています。


今は共働きで夫婦で生活費を稼いでいるというところもありますが、家の中で生活費が足りないということも離婚の原因になるといわれています。


結婚をしたからには結婚生活を少しでも長く続けていきたいと思って頑張って働いているという人は多いですが、それが生活苦にまで発展するとは思ってもみないと思います。


しかし毎日の生活の中でギャンブルに走ったり、浪費をしたために生活苦になってしまった場合には頑張って働く意味がなくなり、離婚に至るケースが多いです。


借金によって生活が苦しくなり離婚になっているというところはとても多いといわれています。


借金が原因で離婚するという理由は法廷離婚原因にはないのですが、結婚を継続しがたい重大な事由に当てはまることから離婚裁判をすることはできます。


日常生活ができないくらいの借金を抱えているとか浪費やギャンブルによって借金が増えた場合などに離婚に発展した場合に相手が合意しなければ裁判を起こすことも可能です。


自己破産をしたことで離婚を申し出たいと思う人もいるのですが、配偶者が自己破産をしたことというのは法廷離婚原因には当てはまりませんから、離婚裁判を起こしても離婚の理由にはなりません。

posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(2) | 離婚