慰謝料の相場

離婚をするときに必ず慰謝料をもらえるというわけではありません。


離婚する際に慰謝料が発生するという人はほんの一握りの人です。


離婚の際の慰謝料の金額は特にこれと言って法律で決められているということはありませんから、それぞれ夫婦間で話し合いの元に決めるということになります。


結婚生活をしていた時の期間や別居の期間、どれくらい精神的に苦痛を感じたのか、こどもがいるのか、財産についてや経済力、養育費などについても視野に入れたうえで慰謝料は計算されます。


一般的に離婚の際の慰謝料はどれくらいになっているのかというと、だいたい慰謝料は相場的には、200万円から300万円が一番です。


離婚の慰謝料というのは計算しにくいといわれていますが、その理由は精神的苦痛というのは人によって感じ方も違いますからそれを金額で表すということは難しいのです。


ですから極端に言えば何円でも請求することが可能です。


ですが、相手が払えないような金額を請求しても意味がないので、相手の経済状況についてもよく理解したうえで慰謝料の額を決める必要があります。


分割で慰謝料を支払ってもらえば高額な金額でも可能だと思っている人も多いと思うのですが分割にしてしまうと、途中で途絶えて支払われなくなる可能性も高くなりますから、一括で支払える額を提示した方が離婚の慰謝料の請求の時にはいいでしょう。


少し多めの金額で提示しておいて、あとで下げるという方法がスムーズにいく方法です。

posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚