熟年離婚

熟年離婚とは最近日本でも増えている離婚のスタイルですが、若い年代の離婚ではなくて、長年一緒に暮らしてきた熟年夫婦が離婚をすることを熟年離婚といいます。


20年以上結婚生活を続けた夫婦が離婚する場合に熟年離婚といいます。


日本で離婚件数は最近増えているといわれているのですが、その中でも特に熟年離婚は増えている傾向にあります。


過去年間に4万人以上の熟年離婚がありましたから、その件数はかなり多いことがわかります。


離婚全体からの割合を見てみると全体の2割ほどの人が熟年離婚をしています。


熟年離婚の原因の多くが、男性が定年退職をしてから家にいることが多くなり、そして家で何もしない非協力的であることが原因です。


女性の場合には休みなしで家事をしているのですが男性は定年後ゴロゴロしているだけで女性の家事を手伝うことなく女性を召使いみたいに扱ってきたということもあり、それが熟年離婚の原因になっています。


男性が女性や妻に思いやりを伝えないことの熟年離婚の原因です。


熟年離婚の原因は色々ですが、今まで仕事を外に行っている間は気がつかなかったことが定年後に目に見えてきたことによってストレスがたまることなどもあり定年前はうまく行っていた夫婦が定年後に離婚に至るということはよくあることです。


熟年離婚は夫婦だけの問題になり子供も独立しているために、比較的スムーズに離婚が進んでいきますが困るのはどちらかというと男性の方で一人での生活が大変になる場合がほとんどです。

posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(1) | 離婚