不貞行為

離婚の原因で法廷離婚の原因としてあげられる一つに不貞行為があります。


不貞行為というのは浮気や不倫のことを言いますが配偶者以外の人と性的関係をもつことを不貞行為といいます。


これは本人の自由意思の元で性的行為をする場合に適応されます。


民法上は浮気という言葉を使うのではなくて、不貞行為というような使い方をして、性的関係を持たない、つまり肉体関係を持っていない場合には不貞行為とはされていないのですが、1回でも肉体関係を結んでいるという場合には不貞行為に当たります。


離婚をする際に裁判に発展するケースで一番多いのが不貞行為とされています。


1回の不貞行為なら許されるということでもないのですが、1回だけの浮気で離婚の判定が出たことはあまりありません。


裁判で離婚の原因として判定を受けられる不貞行為というのは継続的に続いている肉体関係や男女関係といわれていますから、1回だけの浮気や家族を大事にする気持ちや反省の色が強い場合には離婚原因として扱われないケースも多いでしょう。


浮気が原因で離婚を痛いと思っている時には不貞行為が行われた事実を証拠として出す必要があります。


裁判離婚に限らず、調停離婚でも協議離婚でも、浮気の証拠があれば慰謝料を有利にもらえますから証拠があった場合には不貞の証明がその証拠から必ずしもできなかったとしても、残しておきましょう。


夫婦の信頼関係が崩れる証拠となれば離婚として認められます。

posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚