児童扶養手当

離婚をした場合には児童扶養手当がもらえます。


これは離婚をして父親と一緒に生計を共にしていない母子家庭の母親やそれに代わる子供の養育者を対象にして生活を安定させたり児童福祉を守るために支払われるお金です。


児童扶養手当をもらえる人は、条件があります。


条件に当てはまったうえで18歳になってからの最初の3月31日まで、子どもを育てている人に対してもらうことができます。


その条件というのは親が離婚している子供、親が死亡している子供、親が重度の障害にある子供、親の生死がわからない子供など色々と条件があります。


児童扶養手当の金額というのは子供の数によって違っているのですが、母親や一緒に生活をしている養育者の所得によっても金額は変わってきます。


離婚をした際の児童扶養手当の額ですが、受給者の所得から全部支給所得限度額に0.00184931を掛けた金額になります。


それを41880円から引いたものが支給される手当の額です。


たとえば母親が120万円の所得で扶養家族が1人だったら、120000から80000円から570000円を引いてそして0.0184913を掛けてそれを41880円から引きますから31710円ということになります。


離婚後の児童扶養手当の支給額は全部支給で一人の子供の場合には41880円ですが、先ほどのように所得を計算すると一部支給になってしまいます。


そして二人目三人目の場合には一人当たりにつき増えるのではなくて全部支給でも二人の家庭が46880円、3人の家庭が49880円しか支給されません。

posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚