養育費

離婚の養育費についてですが養育費というのは子供を養う際に必要なお金です。


たとえば子供の衣食住にかかるようなお金もそうですし、医療費や教育費なども含まれますし、娯楽費なども必要です。


子供を育てていくということはたくさんの費用がかかるのでその費用を養育費というのです。


離婚をして夫婦の結婚関係はなくなってしまいますが親と子の関係は一生続きます。


親は子供が成人するまで扶養しなければいけないことは義務です。


子供と一緒に生活をしている親は色々と負担しなければいけませんから一緒に生活していない親も養育費を支払って直接的ではありませんが育てていく費用を負担しなければいけません。


養育費は離婚した相手に支払うという感覚ではなくて、子どもに支払うことになります。


離婚の際の子供への養育費の額というのは、今子供を養育するためにいくらくらいかかっているのかということや、これから先子供が成人するまでにいくら必要なのか、こどものことに必要なお金を計算したうえで夫婦で相談することになります。


養育費を支払っていく期間や、支払う方法などは色々で日本では養育費は毎月振り込んでいるという人が多いと思います。


お金を持っている人などは、全額先払いで渡しておくというケースもありますが日本では毎月仕送りするのが一般的です。


後でトラブルにならないためにも離婚合意書や公正証書をつくって、養育費をきっちりと支払ってもらえるように書面に残す必要があります。

posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚