慰謝料

離婚の際の慰謝料というのは離婚をする原因を作った方が苦痛を受けた人に支払う損害賠償金のことです。


慰謝料を請求してお金がもらえるケースというのは、たとえば離婚の原因が暴力であったり、精神的な虐待や不貞行為といったようなことで、どちらか一方に非があるという場合だけでなく、浪費であったり、借金や性交渉を拒否する、病気を隠していた、犯罪を犯したなどの場合にも慰謝料をもらうことが可能です。


離婚の慰謝料は色々なケースで支払ってもらえるのですが、場合によってはもらえないケースもあります。


たとえば結婚関係が破たんしているのですがその原因はお互いにあるという場合や、どちらに離婚の原因がるのかわからない場合、離婚の原因を作った本人が慰謝料を求めた場合ももちろん支払われません。


離婚の慰謝料は不法行為に対して支払われる損害賠償請求ですから、夫婦どちらかに責任がある場合にだけ支払われることになります。


どちらが原因かわからないとか、どちらにも原因があるという場合には支払ってもらえませんので注意しましょう。


離婚の慰謝料というのは損害賠償金という役割もあるのですが手切れ金というような役割もあります。


浮気をしたり暴力をふるったというような不法行為、法廷離婚の原因にはならないのですが、相手に対して何か不満がたまって離婚をした場合に、相手に対しての不満が離婚の原因なら慰謝料は払いたくないと思っている人も多いですが、払えば離婚ができるなら手切れ金として支払う人もいるということです。

posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚