協議離婚

協議離婚とは離婚の理由を問わず、夫婦の間で合意の上で離婚するのであれば成立する離婚の方法の一つです。


裁判所などは一切関与しませんから法廷離婚の原因があるかないかなどを問われることがない離婚です。


離婚というのは第三者から見てみればそれほど大したことでもないようなことが原因でも、夫婦が合意しているのであれば、離婚は自由です。


法廷離婚原因があるときでも、夫婦で合意しなければ離婚はできません。


離婚をする場合に、20歳以下の子供がいるというときには父親か母親のどちらかが親権を持つことになりますから、どちらに親権を渡すのか考える必要があります。


離婚届にも子供の親権をどちらが持つのか各場所があります。


離婚届にこの子供の親権が書かれていない場合には離婚届は受理されないのできちんと決めておきましょう。


協議離婚は夫婦の合意だけで離婚が成立することになり、離婚の原因などは一切関与されませんし裁判所などもかかわりません。


協議離婚というのはですから一番簡単な手続きで離婚が可能ということになりますが、離婚届を出すときには離婚後に何か問題が発生したりトラブルにならないようにきちんと双方が話し合いをしたうえで提出するようにします。


離婚というのは結婚よりもかなりパワーがいることですし、双方で話し合うのはかなり釣りともいますがお互いが気持よく合意できるように納得できるまで話し合いを続ける方がいいでしょう。


お金についても話し合いをしておきましょう。

posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚