離婚届の不受理

離婚届の不受理というのは離婚届が無効になるということになります。
離婚届は記入漏れやミス、不備がない限りほとんどの場合において受理されるのですが、勝手に離婚届を相手の合意を待たずにつくって出してしまった場合でも受理されてしまいます。
高なると勝手に出された方が離婚の意思がなかったということになると離婚届を出すと困りますね。
離婚届が受理されてしまうと離婚をなかったことにするというのはかなり時間も手間もかかる手続きが必要です。
こうして離婚届提出にあたってトラブルにつながらないためにも不受理申出書をあらかじめ役所に出しておくことで勝手に自分の知らない間に離婚届が提出されたとしても、受理されることはありません。
離婚届の不受理申出書というのは役所で書類をもらって本人が書いて捺印をして、必要なことを記入したうえで提出しておきます。
その提出した役所で離婚届が出されるとは限りませんがその他の役所でも離婚届が出された場合にはちゃんと書類が転送されます。郵送でも提出可能です。
この離婚届の不受理申込書には有効期間が決められています。
本人が申し出た期間からか、書類を受け付けてから半年ということになっています。
それ以上は申し出を継続することはできませんが、もう一度改めて書類を出せば、延長することができます。
もしも、提出している最中に、離婚に合意するようなことがあれば、取り下げ書を出せば離婚届が受理されるようになります。
posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚