離婚とは

離婚と一言で言っても色々な種類があります。たとえば協議離婚、調停離婚といったように離婚の種類があります。他にもあまり知られていないかもしれませんが審判離婚もありますし、裁判離婚もあります。大きく分けるとこの4つの離婚が離婚の種類ということになります。日本で離婚をするときにはこの4つの種類の中からどれかにあてはめて離婚をすることになっています。
夫婦お互いが話し合いをしてスムーズに離婚をすることができて離婚届が受け付けられた場合には協議離婚という形になり、スムーズに離婚の成立となります。しかし話し合いをしてもお互い離婚をするという意見が合わない場合にはそれ以外の調停離婚か審判離婚か、裁判離婚のどれかの離婚をしなければいけないことになります。
夫婦同士で離婚の話し合いが進まない場合に離婚できないときでも調停前前置主義というものがあり、すぐに裁判をすればいいという問題でもありません。離婚をする場合に話し合いをして合意が得られない場合には離婚調停がまず行われます。離婚調停が成立すれば調停離婚になります。これが不成立になって調停ではなく審判になった場合に、審判で決まれば審判離婚になりそれでも決まらない時には離婚訴訟を起こします。そして勝訴すれば裁判離婚になります。それでも離婚が決まらないという場合には離婚不成立ということになりますから離婚が成立しないのです。
離婚についての合意の話し合い内容は離婚するかしないかだけでなく子供のことや慰謝料なども含まれます。
posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚