挙式のマナー

結婚式の挙式に参列をする場合にはマナーがあります。


挙式の種類にもよりますが、神前式に出席する場合に、親族なら、紹介されるので、名前を呼ばれたら立って、お辞儀をしましょう。


友達として神前式に出るときには、ファッションにもマナーがあります。


女性は、着物で行くと一番華やかですし、新郎新婦の親族にも喜んでいただけると思います。


最近は神前式よりも、教会で式をあげる人の方が多いと言われています。


教会での挙式のマナーとしては、バージンロードは、間違っても通ってはいけません。


バージンロードはとても神聖な道です。


ふざけて足を踏み入れてもいけませんし、知らずに堂々と通るのもいけません。


写真を撮るのに夢中になってバージンロードにまで出てきてしまう人もいますが、絶対に守りましょう。


挙式ではスタイルによっては露出が許されていない場合もあります。


招待状をもらって、挙式のスタイルを確認したら、ファッションに露出がないかどうか確認して参列しましょう。


万が一露出があるかもと心配する場合は、カーディガンやジャケット、ショールなどを持参しておきましょう。


新郎新婦に確認しておくのもいいでしょう。


賛美歌を歌う教会式では、歌詞カードが配られると思います。


歌わない人もいるのですが、聞きなじみのある曲が多いと思いますから、できるだけ小さな声でもいいので、新郎新婦をお祝いする気持ちも込めて歌を歌った方がいいでしょう。


挙式のマナーはくれぐれも注意して、確認した上で参列しましょう。

posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚