祝いのマナー

結婚祝いを贈るという人も多いと思いますが、意外と細かいマナーがあります。


相手が喜んでもらえるものを選ぶというのが基本ですが、自分で品物を選ぶ場合には、マナーを守って選びましょう。


結婚祝いを購入した場合には、結婚式の1週間前には相手に届くように手配しましょう。


当日結婚式の会場にもっていくというのは、マナーとして良くありません。


相手に迷惑がかかりますので、あらかじめ送っておきましょう。


結婚式の前に贈る場合でも、持っていけないほどの大きなプレゼントの場合には、前もって目録を用意しておくか、手紙で何をこれから送るのか、考えてあげましょう。


結婚祝いでは贈ってはいけない物がいくつかあります。


切れるといわれている包丁、はさみ、ナイフなどの刃物は贈ってはいけません。


また壊れることを連想するような食器や鏡もタブーとされています。


ですが、本人たちが希望いていたり、欲しいといっているものの場合には、贈ってもいいことになっています。


たとえばワイングラス、食器を希望する人も多く、結婚祝いの定番にもなっています。


刃物を本人が希望する場合は、カードに「二人で素敵な人生を切り開いて」というようなメッセージを添えるといいですね。


セット商品で結婚祝いを贈る場合には個数にもタブーがあります。


4個は死を連想させますし、9個は苦を連想させるので注意しましょう。


割り切れない数字、偶数でも8のように末広がりで縁起がいい場合はいいでしょう。


1ダーズ12本ですが、1ダースナノで1組なら大丈夫です。

posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚