式の乾杯のマナー

結婚式の乾杯を頼まれた人が知っておかなければいけないマナーがあります。


自己紹介をしてから始めるのですが、その際は新郎新婦と自分との関係を伝え、新郎新婦、親族にお祝いの言葉・気持ちを伝えましょう。


新郎新婦に関する様々なエピソードを知っているという場合には、話してもいいと思いますが、乾杯の音頭の際は、祝辞やスピーチとは違って、手短に済ませなければいけないマナーがありますので、その点は理解しておきましょう。


グラスを持った状態で乾杯を待たせているのですから、話が長すぎるとイライラする人も出てきます。


披露宴の開始の乾杯の合図です。


完結にまとめて手短に次へ進むことを頭に入れて進めましょう。


最終的には、「乾杯!」と大きな声で言えば任務完了です。


せっかくの披露宴の雰囲気をぶち壊さないためにも、手短に、簡潔に、余計なことは言わない、この三つを頭に入れて乾杯の音頭を取りましょう。


中には勘違いして、自分について話をし出す人もいますが、あくまでもスピーチでもなければ、祝辞でもありません。


乾杯を言うだけの人です。


勘違いしないで乾杯を言うことだけに専念してマナーを守りましょう。


乾杯際の前置きの部分はあらかじめ誰かに確認しておいてもらうと安心かもしれませんね。


そうすれば長々と必要のない話をしなくても済みますし、苛立たせて、会場の雰囲気を壊すこともないでしょう。


意外にマナー違反をされる方が多いので注意しましょう。

posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚