式の服装のマナー

結婚式で一番困るのが、服装のマナーです。


新郎新婦の晴れ舞台に見合った服装をして出席するというのがまず、基本的なマナーでしょう。


しかし主役は新郎新婦の二人ですから、あくまでも招待客としてのマナーをわきまえた服装を心がけたいですね。


女性の場合には、当たり前のことではありますが、新婦よりも目立たないようにして、色は白は新婦のカラーですから、白は避けましょう。


黒でも、黒一色は避けて、少し光った素材や、ラメが入っているものを選ぶようにします。


洋装のマナーとしてはこういった点を気をつけることと、露出のし過ぎにも気をつけます。


和装のマナーですが、和装で出席をするという場合は、結婚していない女性は振袖で行くのが礼装にあたりますが、中振袖でも、訪問着でもかまいません。


既婚の女性の場合には、訪問着、色無地を着ることになります。


付け下げの着物を選んだ場合には、結婚の有無にかかわらず誰でも着ることが可能です。


男性の結婚式の服装のマナーとしては、洋服で行くのが一般的で、色は暗めのスーツを選び、グラックスーツ、グレーのスーツなどがいいでしょう。


シャツの色は白、ネクタイは白がいいでしょう。


夫婦で出席する場合には服装を合わせると素敵です。


子供の結婚式の服装にマナーはありませんが、制服がある人は、制服を着るのが礼装となっていますから、学生の場合には制服がいいでしょう。


お子さんの場合には、カラードレスなどを選んであげると華やかでいいでしょう。

posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚