式の招待状のマナー

結婚式の招待状が送られてきた際のマナーについてですが、まず返信は早めに行いましょう。


結婚式の招待状が届いたら、できれば1週間以内には返事をしましょう。新郎新婦はこの返信ハガキをもとにして、引き出物の数や料理の数などを手配します。


少しでも早く手配ができるようにするためにも、早めに出してあげるのがマナーです。


招待状には返信期日が書かれていると思いますが、この日に間に合わせることはもちろんですが、なるべく予定がはっきりと分かっているのでしたら、早めに出しましょう。


結婚式の招待状の返事が早ければ早いほど、マナーを守られていることが伝わります。


招待状が届く前から、あらかじめ、二人から直接招待されていて、出席すると伝えていても、早く返信するのはマナーです。


招待状の返信ハガキの書き方のマナーですが、表書きには、返信先の名前が書かれていますが、大体「行き」「宛」となっていることが多いと思います。


まずこれを二重線で消してから、「様」に書き直しましょう。


そして裏のマナーとしては、御出席・御名前といったように「御」という感じがついていると思いますから、こちらは全て二重線で消すか、「寿」の文字を書いて消すのがマナーです。


そのまま必要事項だけを記入して送るのではなくて、一言お祝いのメッセージも書き添えましょう。


欠席をするという場合には、特に、理由も一言書いておくというのがマナーにあたります。


理由は本当のことを書かないで、都合によりと書きましょう。

posted by 恋愛本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚